オキザリス靴工房へようこそ!

東京の神楽坂、江戸川橋近くにある小さな靴工房です。当工房では、1点1点オーダーで作る手作りの革靴の製作を行うとともに、少人数制の手作り靴教室も行っています。また、靴磨きワークショップなども開催しております。なお、ご来店の際には予めご予約をお願いします。

ご来店時には、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底するために、マスク着用、検温、手指消毒をお願いしておりますので、ご協力をお願いします。

注文靴(Made to order)


注文靴は、Bespokeのフルハンドメイドのみとなります。

注文靴の製法は、ヨーロッパで古くから行われているハンドソーンウエルテッド製法でおこなっております。

工房にはサンプル靴を展示しておりますので、ご興味がある方や革靴好きな方は、是非、手に取って見てみて下さい。

手作り靴教室


★★新規生徒さん募集中★★

5名程度の少人数制で、丁寧な指導を心がけておりますので、未経験の方でも安心して楽しく靴作りを始められます。

ハンドソーンウエルテッド製法の靴作り、ハンドステッチ、木型製作など幅広く学んで頂けます。

Strupai shoe lace


 イタリア製のStrupai shoe laceで、編み込みが非常に細かくロウも強めに引かれています。Bespokeメーカーなどで使用されている靴紐です。日本で販売しているところは少ない思います。ご興味が有る方はお問い合わせ下さい。



6月から教室再開のお知らせとご協力のお願い

緊急事態宣言解除並びに東京都の休業要請段階的緩和のロードマップが6/1から「ステップ2」に移行することになりましたので、6月から当教室も授業を再開することにします。

なお、引き続き感染防止対策の徹底が必要ですので、入店時にはマスク着用、手指消毒実施、非接触型体温計による検温実施などの確認をさせていただきます。

マスク非着用の方、発熱者や体調不良の方の入店を制限させていただく場合があります。

0 コメント

新規Bespokeサンプル完成

これまでにないサンプルが出来上がりました。

ダービー(外羽根式)のフルブローグはこれまで制作していませんでししたので、実物をお見せすることができなかったのですがやっとサンプルを手にとって見ていただけるようになりました。

今のフルブローグはウイングチップでもロングウイングとなっています。出し縫いのピッチは14spiとなっていて、ウエスト加工はベベルドウエストにフィドルバック、靴底の色はノーマルです。ベベルドウエストでは一般的に半カラスか全カラスが普通なのですが、今回はノーマルにして見ました。

結構色んな技術が詰め込まれた一足となっていますので、特に靴好きな方には一度手にとって見ていただけると嬉しいですね。

0 コメント

ものづくりの精神

メンズプレシャスを読んでます。世界のクラフツマンシップについて書かれていたのでつい買ってしまいました。

フランスの粋、イタリヤの艶、英国の格、日本の技、ドイツの匠などが載っています。

日本の技では、有名な鞄職人である藤井さんについて書かれているのですが、藤井さんは若い時にものづくりの精神を叩き込まれたそうです。そのものづくりの精神とは「手を抜くな」だそうです。この言葉は重く厳しいですね。特に一人でものづくりをしていると幾らでも手を抜こうと思えば抜けます。私も一度終わった工程でも翌日また見直してみるようにしています。自分に厳しくあり続けないと良いものは作れないということですね。「手を抜くな」を肝に銘じて忘れないようにしないと!

0 コメント

ブローグシューズのお話

穴飾りが施されている靴のことをブローグ(Brougue)と総称されています。カジュアルな雰囲気の靴ですが冠婚葬祭以外では幅広く使える靴です。

ブローグの穴飾りですが、爪先に施されている穴飾りのことをメダリオンと言い、縫い目に沿って大きい穴と小さい穴が並んでいる穴飾りのことを親子穴とかパーフォレーションと言われています。また、縫い目に沿ってギザギザ模様が施されているのをギザ抜きとかピンキングと言われています。

このブローグの靴には、クウォータブローグ、セミブローグ、フルブローグに分類されています。

クウォータブローグとセミブローグの違いは爪先部分にメダリオンがついているものがセミブローグでついていないものがクウォータブローグです。更にメダリオンがついていて、ウイングチップになっているものがフルローグとなります。

 

0 コメント

靴教室の臨時休講について

緊急事態宣言の発令及び新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京都における緊急事態措置等に伴い、靴教室は5月6日まで臨時休講することにしました。

0 コメント