靴教室 · 2022/05/09
靴作り教室の作業風景です。 写真は生徒さんが革包丁を使って踵の形を整えているところです。後もう少しです。 当教室ではグラインダーなどを使わずに手作業で行います。 他に生徒さんも作業しているのですが、一緒に写真を撮ると顔が写る可能性があるので単独の作業風景を撮影することになってしまいます。

靴製作 · 2022/05/06
レディースシューズが完成しました。 沢山の女性の方々に紐靴を履いてもらいたいですね。写真はオーソドックスなオックスフォードになります。

靴教室 · 2022/05/01
スキンステッチのツイストという縫い方でUの字に縫っていきます。 このスキンステッチの方法は表面から革の中間を通って縫っていき表に出していくため、革の裏側から見ると縫い目が見えません。 この他にもいろんな種類のスキンステッチがありますが、靴作り教室ではこれらのスキンステッチの方法を教えています。

靴製作 · 2022/04/30
写真は出し縫いが終わって仕上げ処理をした状態のものです。この後、色を入れてからコテを使って蝋を塗り込んでいきます。

靴教室 · 2022/04/30
すくい縫いが終わって余分なアッパーを切り取ると写真のような状態になります。 踵部分もかがり縫いというやり方で縫っています。

靴教室 · 2022/04/23
手作り靴教室では写真のような“すくい縫い“という工程をします。この“すくい縫い“は中底の革、アッパーの革、ウエルト(細い革)を一緒に縫い合わせる作業です。この“すくい縫い“はハンドソーンウエルテッド製法の中でもとても重要な役割を果たすものです。吊り込みも重要ですが・・・

靴教室 · 2022/04/15
吊り込みをすると写真のように釘が一杯打たれた状態になります。上手になると綺麗に規則正しく並ぶようになります。

靴製作 · 2022/04/15
完成したジョッパーブーツです。ジョッパーブーツは型紙を作るのも難しいですが、アッパーの前部分の革を木型の形に沿わせるクリッピングという作業が大変です。特に今回使ったDupyの革は大変でした。

靴製作 · 2022/03/22
ジョッパーブーツの試作のために左足だけ仮アッパーを作成して型紙に問題ないか、縫い方の確認を行いました。

靴教室 · 2022/03/08
靴作り教室での生徒さんの作業風景です。 生徒さんが作業している工程はすくい縫いになります。この工程はハンドソーンウエルテッド工法ではとても重要なもので、中底の革とアッパーの革とウエルト(細い革)を縫い合わせます。 生徒さんは初めてすくい縫いを体験したそうですが、とても上手に縫えていますね。

さらに表示する