裁断と仮アッパー

型紙をもとに仮アッパーを作ります。

仮アッパーは、型紙やデザインに問題がないかどうかの確認をしたり、ミシンの縫製の手順を確認する為に作ります。

型紙を革の上に置き、銀ペンで型紙の形を写します。この時に革の伸びる方向や革の傷などを確認しながら、型紙を億場所を決めて、革の無駄がないように行います。

裁断は銀ペンで描いた線の内側のラインに沿って革包丁で切っていきます。

写真は仮アッパーの裁断が終わった物です。仮アッパーは片足だけ作ります。

裁断した革をミシンを使って縫製が終わった左足の仮アッパーです。

この工程で型紙の若干の修正が見つかりました。

 

仮アッパーを実際に木型を使ってつり込みを行い、デザインを確認します。

デザインも問題なさそうなので、本番の製作に取りかかります。