中底のくせ付け

中底用に使う革に木型を乗せて木型に沿って底のアウトラインをラフに描きます。

中底のアウトラインに沿って革を切り出します。

革の床面側のニベと呼ばれるぼさぼさの部分を薄く漉きます。

次に革の銀面側を水で濡らして、木型に釘で打ち付けます。

中底の革が、木型の底の形に癖付けするためにゴムバンドでグルグル巻きにします。

この作業は結構力がいります。

この状態で1日ほど置きます。

ゴムバンドを外した状態です。

まだ完全に乾いていないので、この状態で乾燥したら癖付けが完成です。

次は中底の加工になります。