踵の仕上げ

踵部分が仕上がった状態です。

積上げが終わったら、包丁で踵の形を整えてから、木ヤスリ、ガラス、サンドペーパーを使って革の表面がツルツルになるように奇麗に仕上げます。

この仕上げで重要なのは包丁の段階で奇麗に仕上げることだと考えています。また、踵の全面(前方向の部分)はアゴといいますが、このアゴの部分を上手く仕上げるのも結構難しいです。

その後、かるく水を付けてから暖めないコテを使って革を締めるように擦ります。乾いたら、今度は暖めたコテを使ってロウを革にしみ込ませます。

最後にロウを奇麗に拭き取れば完成です。