すくい縫い

吊り込みが終われば、釘を内側に倒して、すくい縫いを行います。

すくい縫いをする為の準備として、縫う為の糸にチャン(松ヤニに蜜蝋などを混ぜて作ったもの)をすりこんで糸を丈夫にして、両端に写真にあるようなカーブした針を取付けます。

あと、ウエルトも加工して、吟面側にアッパーと同系色の色を塗っておきます。

準備ができたら、すくい縫い用の針を使って、中底、アッパーの革、ウエルトに縫う為の穴をあけて、写真のようにあけた穴に糸に付いている針を通して縫っていきます。

言葉で書くと簡単そうですが、上手く縫えるようになるにはかなり練習が必要なんです。