コバの仕上げや踵の仕上げ時に使う工具

左から、つき面取り、面ヤスリ、打ち込みきり、です。

つき面取りは、コバのバリを取る時に使います。先に刃がついていて、付きながら使うのでこのような名前なんだと思います。

面ヤスリは踵の上部(アッパーとの境目)を平にする時に使います。片側だけにヤスリ面があり、反対側はアッパーに傷がつかないような作りになっています。

打ち込みキリは、ペース(木釘)を打ち込む時に穴を空けるのに使います。

他にもまだまだあります。