靴の中物

すくい縫いが終わったら、中底と本底との隙間を埋める為に中物を詰めます。この時に本底の形状を保持する為のシャンクも取付けます。

中物を詰める流れを載せてみます。

すくい縫いのために加工して切り取った革を元に戻して段差をなくします。これをすることで、中底側の糸もカバーできます。

最初に、踏まずから踵までの間のウエルトやアッパーと中底との段差を埋めるための中物ですが、今回は革を使います。革の下に鉄のシャンクを取付けています。

この革を加工して段差をなくします。

次につま先部分の中物には、フェルトを使って段差を埋めます。フェルト以外にもコルクを使ったりします。

このように中物は段差を埋めるだけですので、非常に薄いものです。

この後で本底を貼付けます。