· 

出し縫いの準備

出し縫いは本底とウエルトを縫い合わせることですが、この出し縫いをする為の準備が必要となります。

まず、本底の溝起こしを行います。本底の革を0.5mmから1mm程度の厚みの切り込みを革包丁で入れます。そのあと、出し縫いの糸が丁度入る程度の溝を掘ります。

写真にはないですが、ウエルト側には出し縫いを行う間隔を決める為に目付車で縫い目となるしるしをいれます。

次の写真では、出し縫いの糸と針を説明します。

写真は、出し縫いを行う為に準備した糸とその糸の先に付けたナイロン針です。

出し縫いの糸の太さは、出し縫いの間隔が細かくなると細い糸を使います。

糸の先に付ける針は、写真のようなナイロン針の他にワイヤー針、イノシシの毛針が使われます。私は未だ毛針は使ったことがないのですが・・・・

針に糸を取付けるのが少々難しかったりします。上手く付けていないと切れたり外れたりとすることがありますので、丁寧に作る必要があります。