· 

先芯

以前にもブログに書いたのですが、靴に使われている芯材の一つである「先芯」のお話をしたいと思います。

芯材は簡単に言うと補強の役割なのですが、先芯は木型のつま先の形状を保持する目的もあります。

芯材は強度を持たせる必要があるので、成牛の厚くて固い革を使いますが、そのままでは靴の表面に影響を与えてしまいます。そのために革の端を薄く漉いて芯材が入っているかわからないように加工しなくてはなりません。ですが、吊り込みで巻き込まれる部分は約1mm程度の厚みが必要です。この部分は建物の土台の部分になりますので、あまり薄くし過ぎるのは良くないです。

更に、吊り込みの段階でも、先芯を取付けた際に再度微調整の加工をします。