· 

生徒さんの芯材作り

生徒さんが厚い革を漉いて先芯と月型芯の芯材を作成しているところです。

これが終わると、いよいよ底付けの工程になります。