· 

生徒さんの吊り込み

生徒さんが吊り込みと言う工程をしています。

吊り込みは、木型の上に革のアッパーをかぶせて、アッパーを木型の形状にピッタリ沿わす作業です。木型は起伏が激しいので、平面に作られた革をピッタリ沿わすのは結構難しい作業になります。でも、せっかく機械ではなく人の手で、吊り込むので、機械では出来ないような正確な吊り込みをしたいものです。

機械は一定の力で引っ張ることが出来ますが、人間は革の伸びを感じながら引っ張ることが出来ますので、一定の力ではなく革の伸びを一定にしながら引っ張ることが出来ます。