· 

工具市切りの使い方

靴の工具で市切りとういうのがあります。アッパーは、表側になる革と裏側になる革(ライニングといいます)を縫い合わせています。ライニングの革は表になる革よりも大きくなっていて、この余分なライニングの端を市切りを使ってさらいます。あまり深く切りすぎると縫い目の糸まで切ってしまうし、浅く切ると表の革からライニングの革がはみ出てしまいます。

この工具もやはり手入れをしないと上手く使えません。ヨーロッパではカーブしたハサミを使って切るみたいです。