· 

本底の溝起こし

中物を詰め終わったら、本底を貼付けて出し縫いの為に溝起こしといって、本底の端を0.5〜1mm程度の厚みで開きます。開いたところに出し縫いの糸がハマる溝を掘ります。

と簡単に書いていますが、実際にはこの溝起こしという工程は結構難しいのです。ここでも上手く包丁が使えるかが重要になってきます。