· 

出し縫い

ウエルトと本底を縫い合わせる出し縫いという工程になります。出し縫いを行う間隔は、目付車という工具を使ってウエルトの上に予め印を付けておきます。この目付車は、1インチの中にいくつ縫うかというので番号が付いていて6番位から16番位まであります。これよりも細かい物がありますが実際に縫うことはなく、飾りに使います。写真は12番のものになります。奇麗に縫えるようになるためには、経験も必要なのですが、出し針の工具の加工や糸の通し方などの基本的なことも重要になります。