· 

型紙作成

生徒さんが型紙を作っているところです。

靴教室で最初に作るのが、オックスフォード(内羽根式)の型紙になります。靴のサイズ(実際には木型)に合わせた型紙を作る必要があります。型紙が正確に出来てないと、奇麗なアッパーが作れませんので、紙を切る時にも慎重に、かつ正確に切る必要があります。特に靴は曲線の集合体なので、慣れないと大変かも知れません。