アッパーの型入れ

アッパーの型入れ作業をしました。使っている革はイルチアのミュージアムカーフと言われる物です。サンプル用なのでショルダー辺りのトラ模様が多く見られる部分を使います。

型入れは、各パーツの型紙を革の伸び方向を考慮しながら、極力面積が小さくなるように、配置します。