· 

生徒さんの中物詰め

すくい縫いが終わったら、本底との隙間を埋める為に中物を詰めます。教室では、中物として、ねりコルクを詰めます。なれないと上手く詰めることが出来ませんし、沢山盛り過ぎたりもします。この上に、加工した本底を貼付けることになります。