· 

アッパーの縫製

靴の各パーツの型紙を作ったら、型紙をもとに革をアッパーの各パーツに裁断し、裁断された革の各パーツには漉き加工を施しておきます。

これらの作業が終わったら、アッパーの各パーツをミシンで縫い合わせていきます。これらの作業を経ることで平面の革だったものが立体的になり、靴の形らしくなってきます。

ミシンは慣れないと上手く縫えないです。私も最初は上手く縫えませんでした。でも練習していくうちに徐々に上手くなってきますのでご安心を!