· 

ものづくりの精神

メンズプレシャスを読んでます。世界のクラフツマンシップについて書かれていたのでつい買ってしまいました。

フランスの粋、イタリヤの艶、英国の格、日本の技、ドイツの匠などが載っています。

日本の技では、有名な鞄職人である藤井さんについて書かれているのですが、藤井さんは若い時にものづくりの精神を叩き込まれたそうです。そのものづくりの精神とは「手を抜くな」だそうです。この言葉は重く厳しいですね。特に一人でものづくりをしていると幾らでも手を抜こうと思えば抜けます。私も一度終わった工程でも翌日また見直してみるようにしています。自分に厳しくあり続けないと良いものは作れないということですね。「手を抜くな」を肝に銘じて忘れないようにしないと!