シャコ止め

レースホールの下に左右の羽根を止めている糸を閂止めといいます。

この閂止めの一つにシャコ止めという方法が有ります。形がシャコに似ているからこの名前がついたようです。シャコ止めは、手間がかかるために最近ではあまり見られなくなっています。ご希望があれば、このシャコ止めを行うことも可能です。